ワゴンRの中古車

スポンサードリンク

ワゴンRの中古車は大変人気がある車種です。
ガソリンの高騰が止まらない昨今ですが、都市部では街を走る車の数が減ってきたという現象が起きているそうです。
しかし、車を使わなければ生活できない人も数多く、普通車から燃費も税金も安くて小回りが効く軽自動車に乗り換える人も増えています。
中古車の購入を検討している人も多いと思いますが、中古軽自動車で最も人気が高いのがワゴンRの中古車になります。

スズキ ワゴンR 中古車

同じ軽自動車の中古だと、ホンダのライフやダイハツのムーヴ辺りがライバル車で、同じく人気が高いのですが、スズキワゴンRの中古車はそうした中古軽自動車の中でも最も人気があるようです。
ワゴンRの名前の由来は、「ワゴンもある」という言葉からワゴンRになったそうで、1993年に登場して以来、2度のフルモデルチェンジを経て現在も生産されている車種です。
高い車高にボンネットを備えた軽トールワゴンタイプの軽自動車の元祖とも言われています。
そんなスズキワゴンRの中古車は、人気車種だけあってあまり値崩れはせず、現行モデルだと新車の70〜80%くらいの値段が相場です。
これはスズキワゴンRの中古車に限らず、人気軽自動車全体に言える事で、新車と中古車の値段を比較検討して、なんとか手が届くようであれば、軽自動車で現行モデルの場合は新車を買った方がいいかもしれません。
年数の経過した中古車でもスズキワゴンRは、なかなか安くなりませんが、時々妙に安いワゴンRの中古車に出会ったりします。
そんな時にすぐに手を出してはいけません。
これほど人気のあるスズキワゴンRが安いのには、安いだけの理由があるという事です。
良心的な中古車販売店なら、ちゃんと理由を教えてくれますが、「たまたま安く仕入れられた」などという説明をする業者は大嘘つきですので、ちゃんと自分で、そのワゴンRが安い理由をチェックしてみましょう。

ワゴンR 中古部品

ワゴンRの中古車に限らず、中古車の状態をチェックするポイントは、外見より車のコンディションや部品です。
前のオーナーがこまめに整備をしていなかった場合、すぐに故障する恐れがあります。
ワゴンRでよくあるのはエンジンなどの部品で、オイル交換をろくにしてこなかったような車があるそうです。
確認するには実際にエンジンをかけて、排気管から出る排気ガスをチェックします。
オイルの焼ける臭いとと共に白煙が出るような車の場合、オイル漏れを起こしている証拠ですので要注意です。

ワゴンR 中古パーツ

他にも雪国で使われてきたワゴンRは、パーツを細かく見ていくと、冬場に道路に撒かれる融雪剤の影響で足回りがサビだらけになっている場合がありますので、ちゃんと車の下側などの見え難い場所がサビていないかも、必ずチェックしましょう。

スポンサードリンク

スズキワゴンRの中古車

はじめに。

スズキのワゴンRの中古車が大変人気があるそうで、その秘密を探ってみました。ワゴンRの中古車を購入する際は、部品やパーツなどの車の外見よりはコンディションを重視することだそうです。