トイレ詰まり

スポンサードリンク

トイレ詰まりって困りますよね。
ほとんどは使用時の不注意などから異物を流してしまったせいなのですが、それでも普段はすっと流れるトイレがあふれるというのは、頭で考えるだけなら別にどうということはないのですが、実際に体験すると必要以上に動揺するものです。

トイレ詰まりの原因

トイレ詰まりの原因で多いものは、紙づまりです。
トイレットペーパーは水に溶ける性質を持っており、適切な量のペーパーであれば流すときに水の圧力で水に溶けながら流れていくのですが、子どもがいたずらをして大量のトイレットペーパーを流したりした場合などは、ペーパーの量が水の量に対して多すぎるために、水に溶けるペーパーにも関わらず詰まってしまうんですね。
もちろん、トイレットペーパーが切れたからといってティッシュペーパーを代用するのは、トイレ詰まりを自ら呼び込んでいるようなものです。
また、ポケットに入れているボールペンなどを、トイレを流すときにうっかり落としてしまって、そのまま流れてしまうことがあります。
こういった場合も、いくら細いものとはいえ、途中で引っかかってしまうと、その後に流すトイレットペーパーがボールペンにひっかかってトイレ詰まりの原因になることもあります。
さらに、最近ではネコのトイレに使う砂も、ペーパーやおからからできているものが多く、トイレに流せるというのを売りにしているものもたくさんあります。
こういったものも、一度に大量に流すとトイレが詰まってしまう原因になります。
とくに吸水性が高いものなので、あらかじめ便器にたまっている水を吸い込んで固まることもありますので、あくまでもネコちゃんの1回分の分量にわけて流すようにしましょう。

水洗トイレの詰まり

あと、以前の水洗トイレで節水の方法として、水を入れたペットボトルなどをタンクの中に入れておくというものがありました。
これは古いタイプの水洗トイレが1度に10リットル以上もの大量の水で流すような構造になっていたためですが、現在のトイレでは7リットル程度の水を効率的に流すことにより、以前と同じ能力を発揮できるように改良されています。
さまざまな実験に基づいて必要最低限の水量が設定されているので、これにさらにペットボトルを沈めて節水を図ると、排泄物がうまく流れなかったり、トイレ詰まりの原因になることもあるようです。

トイレ詰まりの道具

さて、そんなトイレ詰まりですが、吸引カップと呼ばれるゴム製の器具(カッポンとかスッポンという人もいます)で、トイレットペーパーやネコトイレの砂などが詰まっている場合はたいてい解決します。
普段使うものではないだけに置いてある家も少ないかもしれませんが、もっておくといざというときに便利です。

スポンサードリンク

トイレ詰まりを解消するための修理作業や、その直し方、方法

まず説明です。

水洗のトイレが詰まる原因と、その修理の作業の仕方って知りたいですよね。また、トイレが詰まらないようにするための解消方法と、道具を使っての直し方について調べてみましたのでご参考にしてみてください。