トイレ 節水

スポンサードリンク

生活において、水はとても重要なものです。
飲料、調理、風呂、洗濯、トイレと生活用水の用途は様々ですが、日本は非常に恵まれていると言えるでしょう。
某国では、浄水設備が行き届かず上水道をそのまま飲むことができません。
またある国では、下水道の整備が行き届かず地域によってトイレに紙を流すことができません。
またある国では、水不足のためにトイレ排水を含む下水をろ過して飲用に再利用する案が出ています。
日本人の感覚から行くと恐ろしいですよね?
どこかは伏せますが全て先進国、あるいはそれに準ずる国の実際の話です。

水洗トイレ 節水

もう一度言いますが、水はとても大切なのです。
水が豊かでとてもきれい、かつ上下水道の整備が行き渡った日本ですが、
それでも資源が有限であることはきちんと認識しなくてはいけません。
日本でも四国地方は比較的ダムが干上がり易く、梅雨の降雨量に夏期の水量が左右されることが多いです。
こういった地方では特に水洗トイレなどの節水が生活の一部となっていると言っても過言ではないでしょう。
ではみなさんは、きちんと節水していますか?

節水型 トイレ

着目するのはトイレです。トイレは1日に何回も使用します。
その度に水を流してきれいにするので、衛生的で水洗トイレは素晴らしい設備ですが、
メーカーによっても違いますが『大』で流すと1回あたり8リットルの水を使うタイプが現在は多いようです。
これでもかなり節水構造が発展してきて、昔のトイレは倍以上使うものもあるそうです。
これを各世帯が何度も何度も使えば、それはそれは大した排水量になるでしょう。
そこで『小』を使って流すことが、節水の第一歩になるのです。
『小』は大体6リットル程度の消費になるものが多いので、その差は2リットル。
『大』3回分の水で、『小』は4回流せるのです。
もちろん、この例に当てはまらない機種もたくさんあるでしょうが、
『小』で流した方が節水になるというのはどの機種に関しても共通です。

トイレの節水をペットボトルで

民間療法と言いますか、水を入れたペットボトルをトイレのタンク内に沈めるという節水テクニックがあるのですが、
これはトイレの故障の原因になるのでやめた方が良いようです。
タンク内にある弁などの動きを妨げてしまう恐れがあるので、推奨しないとメーカーも発表しています。
ここで役に立つのが専用の節水グッズです。これを用いれば、故障させることもなく排水量の削減が望めます。
有名なのは『ロスカット』という商品ですが、これは排水量を30%程削減し、
年間の節水量も非常に大きなものになることを謳っていますので、製品の価格の割に非常に効果が高いようです。
節水は家計の助けにもなり、環境保全への貢献にもなります。
まずは、水道の水を出しっぱなしにしないように気を付けるだけでも、意識としては重要ですよ。

スポンサードリンク

トイレを節水するための方法として、装置や器具、グッズなどの紹介

はじめに。

トイレの節水について考えてみましょう。最近は水洗トイレが主流ですので、心がけたいものです。最近では、節水型のトイレや、そういった装置がついたもの、器具やペットボトルなどのグッズを使っての方法などがあります。それらをご紹介しますので、ご興味のある方はご参考にしてみてください。。