収納代行

スポンサードリンク

収納代行には、コンビニのほか、プリペイド型電子マネーの「edy」、ドコモのチャージいらずの電子マネー「iD」、JR東日本の定期券及びプリペイドカード「suica」、
JCB、イオンクレジットサービスが中心となって開発されたポストペイド型電子マネー「クイックペイ」、「クレジット」などがありますが、
大手コンビニでは、収納代行手数料収入が拡大してきています。

コンビニ 収納代行

セブンイレブン・ジャパンとローソンは収納代行の取扱額が物販収入のチェーン全店の売上高を超えています。

コンビニ 収納代行 決済

小売事業が低迷する中で、決済サービスに伴う手数料の伸びは大きな収益となっています。
電気・ガスなどの公共料金の決済に加え、ネットで注文した商品の決済、税金や健康保険料など取り扱い分野も拡がり追い風になっています。
店舗が受け取る手数料は公共料金などの場合は、収納額に関係なく1件50〜60円程度で、その手数料の半分程を各社が受け取る仕組みになっています。
収納代行手数料は、コンビニの売上が減少する中、利益の約1割程度以上を担う収益源となってきています。
コンビニ収納代行の仕組みは、払込票送付、払い込み、収納結果速報といった形になっています。

料金収納代行サービス

収入代行サービスの会社クオークでは、国内最大規模のネットワークで効率よく収納ができます。
コンビニ収納代行のメリットは、基本料金が通常より安く決済にかかるコストを削減でき、クオークとの契約のみで簡単に全国のコンビニ収納ネットワークの利用ができます。
収納結果は、払い込みの翌営業日に連絡が届くので、どの顧客から払い込みがあったかの管理もスピーディーにできます。
何よりも、勤めている人は銀行の営業時間内に振込に行くことがなかなかできないので、24時間振込可能なコンビニ収納利用で回収率アップします。
また、自由度の効く設定で払込金の入金は、月1回〜6回、所定のスケジュールにより入金され、また任意の払込期限を設定できるようになっています。
オンライン収納代行サービスでは、コンビニエンスストアや銀行ATMでのオンラインによる支払い手続きや、
オンラインバイキングでの支払いなどさまざまな支払い方法を提供しています。
支払い方法を選択すると、リアルタイムに支払い番号(決済番号)が表示され、顧客はコンビニエンスストアの店頭やATMで支払い番号を入力するだけでOKでというものです。
このサービスはローソン・ファミリーマート、サークルK、サンクス、ミニストップ、デイリーヤマザキや各銀行で利用できます。

スポンサードリンク

料金収納代行会社のサービスとは

まず説明です。

料金の決済などのサービスは収納代行会社や、今ではコンビ二などが受けてくれるので便利になりました。他にもどのような収納代行のサービスがあるのか、ご紹介しますのでご参考にしてみてください。