車庫入れ

スポンサードリンク

車を運転するということは、どこかに車を停めるということ。
目的地に着けば、待っているのは車庫入れです。
たとえどこかを走り回るだけで、ノンストップのまま元の場所に帰ってくるとしても、
帰ってきた時点で一度は車庫入れをしなくてはいけないのですから。

車庫入れの方法

車庫入れは免許を取得したばかりのドライバーの最初の難所とも言えます。
隣にベテランドライバーがいれば……、いえ、せめて運転歴がなくても外で間隔を見てくれる人がいれば、
なんて思ったりもしてしまうかもしれませんが、いつもそうとは限りません。
どうあっても、単独運転の機会は多くやってきます。そんなとき、焦らずに駐車できますか?
ちなみに私は、初めての路上単独運転での駐車は、
「借り物の車」「夜間」「スーパーの駐車場」の3条件下において行いました。
救いは軽自動車だったから車体が小さいことですね。
駐車場所を決め(他の車にぶつけるのが怖いから両隣が空いているスペース)、いざというところで後ろから車が来ました。
テンパイです。
このように、苦手意識がある方や緊張し易い方だと、プレッシャーに負けておどおどして、
それが結果として運転の失敗につながることがあるのです。一度失敗すれば、苦手意識が高まるので悪循環です。

車庫入れのコツ

周囲の確認に必死になるあまり、タイヤの向きがわからなくなりハンドル操作を誤ることもあります。
前進のカーブでは内輪差が発生しますが、後退のカーブでは外輪差が発生するなど、
車の挙動も変わりますので余計にこんがらがるのです。
重要なのは、挙動を身に付けること、タイヤの位置・角度の認識を持つことですが、それがすぐできないから困るんですよね。
しかし、車庫入れにはテクニックというか、コツのようなものがあります。
車庫入れテクニックの需要は高く、それを紹介したサイトは多数存在しますので、
何かコツを掴むきっかけが欲しい場合は探してみると良いでしょう。

車庫入れを動画で

コツを掴むきっかけでなく、コツそのものを伝授して欲しいという場合は、
講習に参加したり、解説本や解説DVD(動画がいいですね)などを購入すると良いでしょう。
そういったものを販売するサイトでは内容のさわりの部分を紹介していたりするので、
それだけでもヒントにはなるかもしれません。そのヒントで足りないのなら、購入するという流れになります。
駐車だけでなく運転技術そのものに不安があるのなら、ペーパードライバー教習を受けるという手段もあります。
どの手段にしても、事故のない車庫入れを身に付けることができれば、運転に尻込みすることはありません。
ドライブは、車庫入れまでがドライブなのです。油断せず行きましょう。

スポンサードリンク

車の運転の中での車庫入れの仕方やテクニック

はじめに。

車庫入れするのは初心者には難しいですよね。そんな車庫入れの方法や仕方、コツやテクニックなどは動画などを参考にするとよいですよ。