シール作成

スポンサードリンク

シールの作成は自宅でできる様になりました。
パソコンとプリンターの進歩で、現在では大抵のシール作成は自宅でできます。

宛名をシールで作成する

昔はパソコンで出来るシール作成といえば、ダイレクトメール用の宛名シールくらいでした。
それが、プリンターの印字方法が、うるさくてスピードの遅いドットインパクト方式から、インクジェット方式が主流になってからは、カラー印刷が早くなりました。
また、静かに出来るようになってからは、印刷用のサプライ用紙も充実して紙のシールだけでなく、携帯電話やマウスのデコレーションにも使える伸縮性のあるシールや、防水効果のあるラミネートシールなども発売されています。

シール作成のソフト

さらにシール作成に使うパソコンの性能も上がりましたし、それに伴って高性能なDTPソフトが安価で手に入るようになりました。
さほど複雑なシール作成でなければ、DTPソフトをわざわざ買うまでもなく、インクジェットプリンタを買ったときについてくる、ドライバCDと一緒に添付されたメーカー純正のDTPソフトを使えば十分です。
そうしたソフトでは、満足できない場合も、いきなりシール作成ソフトにお金を出して買うのはちょっと待って、インターネットを使ってフリーソフトを探してみましょう。
検索サイトにシール作成 無料 ソフトというキーワードを入力して検索すれば、無料で使えるシール作成ソフトがたくさん見つかります。
シール作成ソフトに限らず、フリーソフトには、そのソフトの特徴が簡単に説明されていますし、実際に使った人からの評価を掲載しているサイトもありますので、それらを比較検討して、どのソフトを使うかを決めればいいわけです。
ソフトは大抵の場合、インターネット上からすぐにダウンロード出来ますので、使おうと思ったシール作成ソフトはすぐにダウンロードして使うことが出来ます。
ただ、フリーソフトの特徴が一長一短で、シェアソフトなら申し分ないので、それを使いたいと思った場合もあります。

オリジナルのシール作成

今後何度でも使う可能性があるのであれば、お金を払うのもいいですが、シェアソフトの場合は、使ってみて気に入った場合に買う、という種類のソフトですので、逆に言えば1回くらいなら、そのソフトに満足しようがしまいが、タダで使えるということにもなります。
このようにお金を少しでもかけずに自宅でシール作成をする方法を考えてきましたが、イベントなどで配るノベルティなど、作るシールの数が多い場合は、プリンターのインク代と印刷するシール代が結構な金額になってしまう場合があります。
多量にシールを作成したり、オリジナルのシールを作成する場合、印刷業者に見積もりを取ってみた方がいいかもしれません。

スポンサードリンク

タックやネームなどのシールをrohsで作成する

さて。

宛名や名前、ネームのシールを作成したい場合や、オリジナルやタックシールの作成などは、それ専用のソフト(rohs)などを使うといいと思います。それらをご紹介しますのでご参考にしてみてください。