更年期障害を漢方で

スポンサードリンク

更年期障害に漢方を用いる場合があります。
更年期は、40〜50歳半ばまでを指しますが、更年期障害は女性の閉経前後に見られる症状で、さまざまな精神的・肉体的不快症状に苦しむ人がいます。
中には、まるで更年期障害を感じることのない人もいますが、症状は多岐にわたり重い軽いの個人差も大きいです。
大体女性の約75%が更年期障害に陥りますが、婦人科などでも更年期障害に漢方を処方する医師も多いようです。
また、最近では男性でも更年期障害があるということが報告されていますので、男性用の漢方やサプリメントも処方されているようです。

更年期の鬱に漢方

更年期は、卵巣機能の低下により急激に女性ホルモンの分泌が減少し、中には鬱状態に陥る人もいるようです。
更年期障害に漢方では「気」と「血」と「水」のバランスの是正を目的として、全身の状態を正しながらゆっくりと症状を改善していきます。
「気」の異常は、のぼせ、イライラ、頭痛、肩こりなど、「血」の異常は、月経不順、不眠、疲労感など、
「水」の異常は、むくみ、めまい、冷えなどを引き起こし、昔から「血の道」と言われるように、血の道を改善することが健康な体を作り、ひいては更年期障害にも対処できるようになります。
更年期障害に漢方をタイプ別に分けて行う漢方養生法があります。
顔がほてる、汗をかきやすい、肩こりがあり、閉経の時期も迫っている、そろそろ更年期が来たかな?と思ったら「プレ更年期」、この時期には栄養がよく行き渡るよう血流をよくすることが大切です。
婦宝当帰膠は血を補い、巡らせ、子宮のリズムを回復します。

更年期のだるい 頭痛 肩こりを漢方で

冠元顆粒は、中年以降の頭痛、肩こり、めまい、動悸を改善します。
「イライラ型」のばあいは、逍遥散 加味逍遥散 開気丸 キュウ帰調血飲第一加減 瀉火利湿顆粒など、「めまい型」では、抑肝散加陳皮半夏 釣藤散 黄連温胆湯など、
続いて「ほてり型」には、瀉火補腎丸 杞菊地黄丸 六味地黄丸 天王補心丹など、「冷え型」には八味地黄丸 牛車腎気丸 海馬補腎丸 参茸補血丸などが用いられます。
更年期障害に漢方は、症状が同じでも、体質によって処方は異なります。
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は、体力がなく冷え性で貧血傾向のある人、加味逍遙散(かみしょうようさん)は、虚弱体質な人に、肩こり、疲れやすい、精神不安の人、
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は、比較的体力のある人で、ときどき下腹部痛、肩こり、めまい、のぼせなど訴える人、温清飲(うんせいいん)は、体力は中程度で色つやが悪くのぼせる人に用いられます。

更年期外来と漢方 東京では

場合によっては幾つもの種類の漢方を組み合わせて処方することもあります。
東京や福岡などの更年期外来の病院や漢方相談薬局などで、十分に相談して処方してもらうことが大切だと言えましょう。

スポンサードリンク

男性の更年期障害や、福岡などの更年期外来、サプリメント

はじめまして。

更年期障害は女性だけと思っていましたが、男性にもあるようです。更年期外来のある病院は東京や福岡などにあるようです。つらい更年期障害(だるい、頭痛、肩こり、鬱など)がある人のために、漢方やサプリメントを調べてみました。ご参考にしていただければ幸いです。