禁煙パッチって

スポンサードリンク

煙草は嗜好品です。
生活には基本的に必要の無いもので好きな人だけが嗜むものですが、昨今は嫌煙の機運が高まり、
喫煙家の肩身はどんどん狭くなってきています。
路上禁煙区域の制定や、ビルやオフィスの分煙化によって、煙草が吸える場所自体が減っているのが現状です。
特にアメリカではいち早く、煙草のCMをテレビで流したり、街に看板を掲げることを禁止するなど宣伝自体を規制しました。
日本はそれに追随する形で同様の規制が入りました。
最近では、健康を気にして禁煙する方もいれば、居心地の悪さから禁煙する方もいるようです。

禁煙パッチの副作用

煙草は当然、身体に悪いものです。
喫煙者は愛国者なんていうブラックジョークがあるくらいです。
(煙草は高税率の品目であり喫煙者は肺ガン危険率が高まるため、喫煙者は余分に納税し年金を受け取らずに死ぬという風刺)
では何故、そんなものを吸うようになるのでしょうか。
戦前、煙草を吸うと労咳(結核)にならないという都市伝説が流れたことがありますが(もちろんデマです)、
それを受けて喫煙し始めたという特殊な方も老齢の方にはいらっしゃいます。
そういった少数を除くと、嗜好品の多くがそうであるように興味本位だったり、
周りが吸っているからなどといった理由がほとんどです。
それでも一度習慣化してしまえば、常習性・依存性がある煙草を止めることは困難です。
特に重度のヘビースモーカーともなれば、なかなか抜けられないものです。
何度も禁煙に失敗するようであれば、禁煙外来のある病院に相談してみるのが良いでしょう。

禁煙パッチや病院

病院に行くのは気が進まないという場合は、薬局などで手に入る禁煙パッチを試してみるのも手です。
これはニコチンが含まれたパッチを皮膚に貼ることで、身体的な喫煙依存症状を軽減するというものです。
もちろんこれだけでなく、煙草が吸いたくてイライラしたときの対処方法(ガムを噛んだり、運動したりなど)で、
自分に合ったものを探していく必要があります。病院であれば、こういったアドバイスももらえます。
パッチはあくまで補助だということを忘れずに、自己の努力も欠かさないのが重要です。

禁煙パッチの効果

禁煙パッチは意外と効果が高く、ニコチネルパッチという商品では8週間での禁煙プログラムが提案されています。
8週間のパッチ継続使用でその間1本も喫煙しなければ、禁煙が成功するというコンセプトで作られています。
個人差はありますが、およそ3ヶ月間煙草を吸わなければ、喫煙欲求はほとんど起こらなくなるとされています。
パッチを使用すれば、そこまでの期間の大きな助けとなるでしょう。
禁煙は様々な方法があると思いますが、長期的に見て健康と懐具合を考えたとき、やらない手はないと思いますよ。

スポンサードリンク

禁煙パッチは葛西循環器脳神経外科病院などの禁煙外来でアドバイスを

まず説明です。

禁煙がなかなかできないと諦めている人のために、禁煙パッチというものがあります。これの使い方などは禁煙外来のある、例えば葛西循環器脳神経外科病院などでアドバイスを受けられるんですよ。その他、気になる禁煙パッチの効果や副作用についてご紹介してきますので、ご参考になさってください。