結婚式 受付

スポンサードリンク

結婚式は結婚するご両人以外にも色々と役目を担うことがあり、出席自体が一仕事になる場合もあります。
新郎新婦の両親であれば、挨拶が必要かもしれません。兄弟であれば余興を頼まれるかもしれません。
友人であれば、受付やスピーチを頼まれるかもしれません。
ちなみに私は大方の予想を裏切ってカメラマンを

結婚式 受付係

さて、結婚式の受付係りをやってくれと結婚する友人に頼まれたら、どうしたら良いでしょうか。
「やったことがないから」と言って断る方も中にはいらっしゃるでしょう。
しかし、誰でも初めてはあるものです。それをチャンスと捉えて挑戦してみることをオススメします。
良い社会勉強になるのは間違いありません。

結婚式 受付 マナー

実際に結婚式の受付係は何をするのかと言えば、そんなに大したことをやるわけではありません。
特別な準備が必要ということもなく、服装も結婚式に出席する服装であれば問題ありません。
結婚式によっても若干の違いはあるでしょうが、受付係がやることは概ね以下の4点ぐらいです。
出席者に記帳をお願いする
ご祝儀を預かる
披露宴の会場などを案内する
席次など、配布物があればお渡しする

結婚式 受付 マニュアル

受付係は専用のカウンターが設置されており、そこから動くことはほぼありません。
式場に行けばそこのスタッフが受付作業について説明してくれます。
逆に言えば、当日に少し説明するだけでできてしまう仕事だということです。
出席者の人数によっては若干の忙しさはありますが、難しいことはないのです。
それでも不安なようなら、インターネットや書籍でウェディングマニュアルのようなものを見てみると良いでしょう。
受付以外にも結婚式のあれこれが載っており、ご両人・出席者問わず参考になることがたくさんあると思います。
受付も依頼されたのなら快く引き受けて、むしろ色々な結婚式に呼ばれるような友人関係であれば良いですね。
それはそれでご祝儀の出費がかさむのが悩みどころかもしれませんが。

スポンサードリンク

結婚式の受付での服装や挨拶、お礼の仕方など

はじめまして。

結婚式の受付係りを頼まれたらどうすればよいのでしょうか?ここでは結婚式の受付のマナー(挨拶、お礼、服装など)やマニュアルをお教えします。