車椅子 レンタル

スポンサードリンク

車椅子が入り用になるという事態はできれば避けたいことではありますが、
もし本当に入り用になってしまった場合は、真剣に考えなくてはなりません。
一時的な事態(たとえば両足の骨折など)であれば、レンタルで済ませるというのが良いでしょう。
短期間の生活補助であれば役所などに申請すれば、無償で貸し出してもらえる場合があります。
旅行などの場合は有償のレンタル業者から借りることもできます。
しかし、要介護認定を受けるような長期、あるいは生涯に渡る利用という事態に陥ってしまった場合、
車椅子は長くその身を預ける、いわば足であり、それ故に本当に自分に合ったものを選び購入する必要があります。
私も、そう遠くない親戚が昨年から車椅子使用の身となりましたので、一言で片付けるにも忍びないですがお会いする度に
「大変そうだな」などと思うようになりました。

電動車椅子 レンタル

車椅子は自走式、介助用、電動式などに分かれ、その中でも用途や部品構成、構造などで細かく分類されます。
使用目的でも適したものは変わってきますので、医師や療法士などのアドバイスを受けるのが良いでしょう。
そして、条件にあったものを絞ったら、実際に自分が使うことを想定しての選択に入らねばなりません。
同じ体重なら同じ身長かというとそんなことがないように、人の体格は1人1人が違うものです。
靴と同じで、自分にきちんと合ったものでなければ、後々不都合が生まれかねません。

レンタル 子供用の車椅子

そういうときこそレンタルを利用するのが望ましいと言えるでしょう。
レンタルは短期間という印象がありますが、購入前にレンタルして使用感を確かめることができる業者であれば
適切な1台を選び出すことができます。必要な補助部品の選択にも良いでしょう。
また購入する車椅子が決定し、注文した後も納入までの時間の間に合わせにレンタルは有用です。
特にオーダーメイドであれば、どうしても既製品より時間はかかります。
また、子供用の車椅子はレンタルの方がいいと思います。

車椅子を介護保険でレンタルする

車椅子にまつわる様々な必要品は、自治体や介護保険制度からの補助金を受け取れる場合があります。
家庭内のバリアフリー改築や、車椅子を搭載可能な車の購入などがそれにあたります。
車椅子を使用するにあたっては、とにかくたくさん考えることがあります。
生活をしていく内にどんどんと必要なものが浮かんでくるはずです。
まずはその基盤たる車椅子の選択を確実に、そして適切に行うと良いでしょう。

スポンサードリンク

車椅子、電動や子供用などをレンタルで、また介護保険を使っても

はじめまして。

車椅子をレンタルすることになった場合、どうすればいいのでしょうか?車椅子は電動式のものや子供用のものがあり、レンタルすることができます。また、介護の場合は介護保険を使うこともできますので、ご参考にしてみてください。