簡易シャワー

スポンサードリンク

簡易シャワーって聞いたことありますか?
今では普通に取り付けてあるシャワーですが、古い家や、アパートなどに行くと、意外とついてないというところもあったりします。

簡易シャワー 販売

簡易シャワーは販売されています。
改造してもよいなら、けっこう安い工事費用でつけることもできるのですが、例えば転勤族でいつ出て行くか分からないとなると、なんとなくもったいないですよね。
そもそも賃貸住宅の場合には改造が認められないケースも多いです。
そんなときには、バスタブから洗面器でお湯をかい出したり、蛇口からお湯を溜めたりして使うことになります。
髪の毛の短い人や男性ならいいですが、髪の長い女性にとってはこれってけっこう面倒なことです。
なんとかならないだろうか、そう思っている人も多いはず。

簡易式 シャワー

そこで役に立つのが簡易式シャワーです。
簡易式シャワーは水道の蛇口とコック(ひねる場所)の間に取水用の装置を取り付け、簡易シャワー装置に水を流します。
通常は、この簡易シャワー装置が給湯器の役割をして、入ってきたお水を適切な温度に上げてシャワーノズルに送ることで暖かいシャワーが浴びられるということになっています。
普通にバスタブに水を張るときには、蛇口に取り付けた取水用の装置についているコックをひねることでもともとの蛇口から水が出るようになっています。
このタイプは、水道から出てくる水を使っているため、シャワー用の水がきれいなことが特徴です。
バスタブからお風呂ポンプのような装置を使ってくみ上げるタイプは、お風呂の水なのでちょっと抵抗がある人もいるようですから、多少高くても水道から取水するタイプがいいかもしれません。

簡易シャワールーム

また、アウトドア用の簡易シャワールームやブースというのもあります。
海の家などの海水浴施設があまり整っていない、ひなびた海水浴場などでは、海水浴が終わったあとのシャワー設備がないため困ることがあります。
家が近ければ問題ないですが、それでも車のシートに塩分が付着するのはイヤという人もいるでしょう。
そんなときには、ポリタンクにシャワーノズルをつけた簡易シャワーを使うとよいでしょう。
このタイプの簡易シャワーは、バスタブから水をくみ上げるためのポンプがついているものと、純粋に水用タンクにシャワーノズルがつけられただけのものに分けることができます。
お風呂ポンプがついたものは、もちろん自宅から水を汲んで持っていくこともできますが、近くに川などがある場所でのキャンプなどで、水を取りながらシャワーをすることができます。
この場合は、かなり長時間のシャワーが可能なので重宝するかもしれません。

スポンサードリンク

簡易シャワーブースや簡易エアシャワー

さて。

簡易式のシャワーやエアーシャワーとはどのようなもので、どこで販売しているのでしょうか?また、簡易シャワールーム(室)ブースがとりつけられているところなどのご紹介をしますのでご参考になさってみてください。