法事 引出物

スポンサードリンク

法事を営むとき、施主にはやらなくてはならないことがたくさんあります。
連絡から出席者の管理、菩提寺とのやり取り、食事会などの手配と多岐に渡りますが、
引出物もまた悩み所のひとつです。
法事の引出物は実用的なものが喜ばれると言われますが、出席者もさまざまですからその家庭によっても
いただいてうれしいもの、困らないもの、というのは変わってきます。
それでいて、かさばらず重くないものを選ぶ必要があります。
かさばったり、重いものは持ち帰りに苦労しますからね。

法事 引出物 鰹節など

形が残るものをもらっても困る家庭もあるでしょう。
たとえば陶器をもらったとしても、家に食器が溢れていてる家庭では使い所に困るでしょう。
こういった品は、捨てるのも忍びないものです。
では食べものはどうでしょう。海苔や鰹節、菓子などが選ばれることが多いようですが、
好まないものや家に余っているようなものを受け取っても、それはそれで処分に困ります。

法事 引出物 ランキング

法事の引出物というもので大事なのは気持ちですので、気にしないと言ってしまえばそれまでですが、
せっかく来ていただいた出席者の方々に喜んでもらえるなら、それに越したことはありません。
法事の引出物のランキングを見てみますと、最近ではカタログギフトが選ばれることも多くなっているようです。
お中元やお歳暮などでも喜ばれるカタログギフトですが、もらった側が欲しいものを選べるというのが特長です。
実用品と食品両方載っているカタログギフトもありますので、選択肢が多いのがうれしいところです。
これならかさばりませんし、重くもありませんので法事の引出物としては適切です。
施主としても悩むのは金額くらいで済むので非常にお手軽と言えるでしょう。

法事用 引出物

品で頭を悩ませるよりは、思い切ってもらう側に選んでもらうというカタログギフトですが、
贈り物のシーンで、今後ますます増えていくかもしれません。便利な世の中になりました。
もちろんカタログギフトでなくても、喜ばれる品はたくさんあります。
法事用の引出物は、そもそも最低限失礼でなく良いものを選べるのなら、何でも良いのでしょう。
法事というのは何度も何度もあるものです。前述の通り、大事なのは気持ちです。
あるお寺の住職さんにお聞きした話ですが、そも宗教という言葉の『宗』という字には『先祖を敬う』という意味が
あるのだそうです。実に日本らしい良い言葉です。
先祖を敬う儀式において、引出物も簡単かつ喜ばれるものを選べればお互いに気持ち良いですね。

スポンサードリンク

49日などの法事の引出物にお菓子など、またのしの書き方

まず説明です。

49日からいくつかの節目ごと法事が行われます。その法事用の引出物はどのようなものが選ばれているのでしょうか?一般的には鰹節や菓子などのようですが、ランキングがあるとすれば何がふさわしいとされているのでしょうか?また、法事の引出物の、のしはどのように書けばいいのでしょうか?いざというときのためにご参考にしていただければ幸いです。