日焼け止め下地って

スポンサードリンク

日焼け止めを下地の下に塗るのか、それとも日焼け止めを下地の上に塗るのか?という疑問がよく話題になっています。
ところが、を下地の下に塗るのも、日焼け止めを下地の上に塗る事も、それなりに根拠のある理由があり、
日焼け止めと下地、どちらが先にするかという結論は出ていません。

化粧下地と日焼け止め

まず、日焼け止めが先という主張ですが、化粧の下地というものは、ファンデーションを密着させるための物なので、
先に日焼け止めを塗った後で化粧の下地を塗り、そのすぐ上にファンデーションを塗れば、化粧崩れを防ぐ事ができ、
化粧が崩れにくければ、結果的に日焼けを防ぐという理由です。
次に化粧の下地が先という意見の方は、少しでも日光に近い層に日焼け止めを塗った方が日焼け止め効果が高いからという理由です。
直接太陽光線に晒される部分に近いほうが日焼け止めの効果が大きいのは当然ですが、さすがにファンデーションの上に日焼け止めを塗るわけにもいきませんので、
ファンデーションのすぐ下、つまり化粧の下地の上に日焼け止めを塗った方がいいという考え方です。
さらに言えば、日焼け止めの多くは化粧の下地として使える物ですので、ファンデーションとの密着が悪くて化粧崩れが起きるという事も少ないようです。
ここまでの意見を考えると、なんとなく化粧の下地が先派が有利なような気もしますが、実際メイクで悩んでいる方の意見を聞くと、
下地でコントロールカラーを使っている方だと、やはりファンデーションのすぐ下に化粧下地がないと、顔色が悪く見えてしまったり、
いくら下地効果があるといっても日焼け止めの上にファンデーションを塗ると、長時間のメイクには耐えられない、という意見もあります。

日焼け止めと化粧下地 にきびがある場合

さらに、日焼け止めをにきびなどのスキンケアの一環と考えて、日焼け止め→化粧下地→ファンデーションの順番でメイクをしている人もいます。
その方は日焼け止めとファンデーションを同一ブランドで使用しているそうで、そのブランドのデモンストレーションで行ったメイクの順番も、
化粧下地より日焼け止めの方が先だったそうです。

日焼け止めか?化粧下地か?

ですから、日焼け止めと化粧下地の順番は、メーカーの化粧品の種類によっても変わってくる可能性もあり、
順番というのは一概に決められるものではないかもしれません。
ただ、最近の日焼け止めというのはUV(紫外線)カットを目的とした成分が多く含まれています。
UVカットの成分の中には身体にあまり良くない成分もありますので、自分が使う日焼け止めの成分や使い方をよく調べて、自分の肌に合う商品を選ぶ事が肝心なポイントです。

スポンサードリンク

日焼け止めや化粧下地がにきびなどのスキンケアに

さて。

日焼け止めと化粧の下地について、例えば塗る順番だとか、にきびなどの肌トラブルがあるときはどうするのか?そんな日焼け止めと化粧下地のことについてご紹介しますので、ご参考にしていただければ幸いです。