原油先物相場とは

スポンサードリンク

原油先物相場は、ここの所高騰の一途を辿り、ガソリンなどの買い控えに始まって、大型車の需要が極端に下落するばかりか、
あらゆる製品の値上がりに繋がって、果てや穀物相場にも影響する有様です。

ニューヨークの原油先物相場

原油先物相場と言っても、アメリカ合衆国南部のテキサス州で産出される原油を中心としたニューヨーク・マーカンタイル取引所や、
北海原油を標準とするイギリスのICEフューチャーズ、中東ドバイ産原油を標準とする日本の東京工業品取引所、
中東の石油を中心としたアラブ首長国連邦のドバイ金融商品取引所やドバイ・マーカンタイル取引所が代表的な世界の原油取引の市場です。
その中でもニューヨーク・マーカンタイル取引所の相場が原油先物取引の原油価格の目安となり、世界の原油相場を牽引していると言えますが、
実際世界の原油の25%を消費しているアメリカの市場だけに、原油の需要を反映しているものと言えます。

原油先物相場 価格

最近fxなどの通貨取引から原油先物相場での投資が人気になっていますが、fxなどと同様な取引として一般の投資家の間で投資するケースが多くなっています。
基本的には原油が枯渇するエネルギーであるため、紆余曲折があるにせよ、値上がりする事は確実ですから、長期の期間で投資を考えれば、fxなど通貨取引よりも、確実な投資と考えられるためです。
ただしここ数年の原油高騰の動きは、サブプライム問題で債券市場から引き上げられた資金が、原油先物相場を押し上げていると言う異常現象ですから、
タイミングを外すと手痛い損失を蒙る可能性があります。

原油先物相場 動向

現在のところ原油自体が通貨のように扱われ、原油先物相場を賑わす状態が続いていますが、省エネ運動が思いのほか早いテンポで進行し、
アメリカの自動車などの売上動向を見ても、日本の車の販売動向と同じような動きを見せています。
この調子で行けば遅かれ早かれ、原油先物相場の高騰基調も落ち着きを見せ始め、かなりの下落を来たすと考えられます。
むしろその時が原油先物相場の買い時ですが、ドルと円のレートも勘案しておく必要があるのは言うまでもないことです。
まして北京オリンピックと言うのが大きな分岐点で、中国経済がオリンピック以後、失速するか発展するかという問題は、原油先物相場に大きく影響します。
中国やインド、ブラジルと言った「ブリックス」と言われる準先進国の成長が原油先物相場を牽引している、もうひとつの軸であり、世界経済に対する影響力も大きいと言えますから目を離すわけには行きません。

スポンサードリンク

nyで取引されているwtiの原油先物相場

はじめまして。

原油先物相場が世界の注目になっています。特にニューヨークで取引されているWTIの原油先物相場が世界の原油の価格の目安になっていますので、その動向が気になりますよね。それらについて書きましたのでご参考になさってください。