布団のカビ

スポンサードリンク

寝室や布団にカビが生えたことはありませんか?
カビは食べ物を台無しにするだけではありません。人体にとって有害な物質を撒き散らすのです。
種類によっては、発ガン性やアレルギーを引き起こす物質を発生させるものもあり、放置していると大変危険です。
人生の25%以上は睡眠ですから、寝室や布団が汚染されていれば、
それだけ有害物質を体内に取り入れてしまう恐れが増えることにもなります。
特に、布団は睡眠時の呼吸に非常に近い位置にありますので、カビ対策はとても重要です。

布団のカビ防止

基本的な予防策ですが、布団干しはやはり効果が高いです。
カビは紫外線が苦手なので、よく晴れた日の太陽光線をたっぷり当ててやればカビは死滅します。
ただし、ある程度の時間で裏表ひっくり返さないと、片面だけにしか効果が現れません。
もう片面が生きていれば、すぐに増えてしまいますので、午前と午後で分けて干した布団をひっくり返すと良いでしょう。
カビは湿気を好むものです。通気性を良くし、乾燥させてやるだけでもカビの成長を抑止することができるのです。
布団は寝汗など、人間が睡眠中に出す水分を吸って湿気るものです。
子供は大人よりも代謝が活発ですので、子供部屋のものならなおさらです。
日干しはとても効果的です。これを定期的に行うだけでもだいぶ変わってくるはずです。

布団のカビはクリーニングで

日干しはあくまで予防ですので、目に見える斑点状にカビが発生してしまった場合は布団を洗う必要があります。
普通の水洗いだけではカビの除去はできません。殺菌作用のある洗剤やシミ抜き剤を用いて念入りにやる必要があります。
しかしこれも早期発見し対処していれば問題はありませんが、長期間放置していた布団に斑点を見つけた際などには、
完全な除去は望めません。こういった際には、布団洗いの専門店に相談するのが良いでしょう。
特に冬に使う厚手の毛布など、夏の間は押し入れにしまってある場合が多いでしょう。
面倒でも時折出して日干しするのが良いのではないでしょうか。
ちなみに私の家では毛布を毎年夏にすべて丸洗いするようにしています。
洗ったあとは2日がかりで完全に乾燥させてから押し入れに戻します。湿気が残ったまま収納しては逆効果ですからね。

布団のカビ取り

押し入れにスノコを敷くだけでも通気性が確保されて、収納時の湿気対策になります。
ぎゅうぎゅうに布団を詰め込むのも、空気の対流を阻害しますので、押し入れの壁や天井から少し離して置くと良いです。
カビは除去しても、発生する原因を改善しない限り、イタチごっこになります。
きちんと対策を施して、寝室の防備を完璧にしましょう。

スポンサードリンク

布団のカビ取りとその防止

はじめまして。

布団にカビがついたらそれを取るのは大変なので、クリーニングに出すのがよいでしょう。また、そうならないために布団のカビ防止対策についてお教えしますので、ご参考にしていただければ幸いです。