フッ素コーティング

スポンサードリンク

フッ素コーティングは、広い用途で使われているフッ素樹によるコーティングです。
フッ素というのは元素の一種で、フッ素元素はどちらかといえば人体に有害なんですが、フッ素は非常に不安定な元素で、通常自然界にフッ素元素が単体で存在している事はあまりありません。

フッ素樹脂コーティング

そんなフッ素を含んだプラスチックの総称をフッ素樹脂と呼びます。
このフッ素樹脂にはコーティング材料として。優れた特性をたくさん持っており、様々な道具にフッ素コーティングを施した製品が開発・販売されているわけです。
フッ素コーティングを一般に有名にした商品は、フライパンでしょう。
フッ素コーティングというよりテフロンコートといった方が通りはいいかもしれませんが、テフロンコートはライターで有名なデュポン社がフッ素コーティングに対して付けた登録商標なのです。
フライパンをはじめ、家庭用調理機器にフッ素コーティングが向いているのは、フッ素コーティングが持つ非粘着性にあります。
この非粘着性というのは、わかりやすくいうとものがくっつきにくいという性質の事で、フッ素コーティングされたものの表面には物がくっつきません。
接着剤すら、くっつかないとも言われており、粘り気のある食材を調理する事もある調理器具の表面をフッ素コーティングすれば、油を引かなくても目玉焼きが作れるほど食材がくっつかないフライパンなどが出来るわけです。
最近のフライパンはフッ素コーティングを上回る非粘着性を持ったマーブルコートなどという製品も出てきていますが、値段的にはまだフッ素コーティングの物の方が手軽でしょう。

車にフッ素コーティング

このフッ素コーティングが持つ非粘着性は、汚れもつきにくいという事ですので、フライパン意外にもいろんな分野で利用されています。
たとえば、キッチン周りやバス・トイレなどの水周りの製品にフッ素コーティングをしたものが使われていますし、車のウィンドの表面にフッ素コーティングをして、油膜や水を弾くようにしたのも、フッ素コーティングが持つ非粘着性という性質を利用した商品です。

静電気防止にフッ素コーティングなど

この他にもフッ素コーティングは、耐摩耗性が高く表面の摩擦抵抗が低い事から、静電気防止に、ベアリングなどの機械部品のコーティング材に使用されています。
また、紫外線に対する劣化が少ない事から建造物の外壁に使われたりしています。
さらに、熱や薬品に対する耐性も高いので化学工場の配管チューブや薬液タンクなどにも利用されています。
そして、虫歯予防のために歯にフッ素を塗ることがあります。
このように、身近なものから工場の設備までフッ素コーティングは、様々な場所で使われているわけです。

スポンサードリンク

虫歯予防にフッ素コーティングを

さて。

フッ素コーティングをよく耳にします。フッ素コーティングとはフッ素樹脂を使ったもので、車などに利用されています。また静電気防止や虫歯予防にフッ素コーティング剤を塗ったりしますよね。それらをご紹介していきますので、ご参考にしてみてください。