デジタルカメラ 現像

スポンサードリンク

近頃はパソコンの普及により、デジタルカメラで撮影した画像をパソコンで管理することが増えてきました。
配布もCDやDVDによって行われる時代です。
パソコンの電源を入れさえすれば見られる上に場所も取らず、さらにデータには経年劣化もないことから
現像された『写真』として手元に持つことは減ってきたと言えます。デジタルカメラならでは利便性です。
事実、フィルム業者の現像サービスなどは売れ行きを落とし、規模の縮小や撤退を余儀なくされた例も少なくありません。
パソコンが好きではない、持っていないという方や、アルバムにして見るのが好きという方はまだまだいるようです。

デジタルカメラ 写真 現像

では、デジタルカメラの画像を形に残る写真にしようという際には皆さんどうするでしょうか。
ご家庭にプリンターがある場合は、L判の写真用紙を購入してプリントするのがお手軽です。
これはいつでも、何枚でも家に居ながらできるというのが強みです。
しかし、一般の家庭用プリンターによるプリントではDPE店の現像サービスによる写真と比べて
印刷品質や耐久性に劣るという欠点があります。
インクは酸素や、紫外線などを受けて変質し、色味を破壊されたりしてしまうので、アルバムにしまってあるならともかく、
写真立てや、コルクボードに直接貼り付けている場合は変色などの劣化を免れません。
最近ではインクの改良などで改善されてきたものの、改良されたインクに対応しているプリンターでなければ
その恩恵は受けられないのです。

激安 デジタルカメラ 現像

ちなみにプリンターメーカーの大手エプソンで発表している、エプソン製家庭用プリンターでの
L判写真1枚の印刷コストは機種によって差がありますが、概ね20円前後です。
さらに印刷に失敗すれば失敗しただけコストがかかることを考えると、
大勢で行った旅行のデジタルカメラ画像をプリントして配布するには、やりにくい面もあるかもしれません。

デジタルカメラ 現像 無料

だからこそ、DPE店の現像サービスにも利用価値があるのです。
店にもよりますが、価格競争が進んだ結果、現像1枚あたり20円を切る業者は少なくありません。
この時点で、家庭でのプリントよりもコストが安いですね。
さらに、プロが色合いの補正などを無料でやってくれる業者もあり、品質も高いです。
プリンタ用の写真用紙ではなく、現像用の印画紙を使用する店の場合は保存耐久性も抜群と言えるでしょう。
家庭より品質が高く価格は安い、とくれば欠点は注文の手間くらいです。
それもインターネットで注文することができるようになっている業者は多く、利便性はますます上がっています。
銀塩カメラから移行したデジタルカメラにおいても、印刷とは違う『写真現像』を一度お試しあれ。

スポンサードリンク

デジタルカメラで撮った写真を激安で現像、または無料で

はじめに。

デジタルカメラで撮った写真を自分で現像してみたい!その場合どうしたらよいのか?またデジタルカメラの現像を激安でしてくれるところや、無料サービスについて調べてみました。ご参考にしてみてはいかがでしょうか?