カッティング マット

スポンサードリンク

カッティングマットは、カッターなどを使用する際に机を傷つけないように下敷きにするマットのことです。
素材は、塩化ビニルやオレフィンなどで作られています。
形状は四角形が多く、1センチから数ミリ単位でメモリをふっているものが多く利用されています。

コクヨやウチダのカッティング マット

カッティングマットは、その材質から刃を当てても凹凸が露出しづらく、繰り返してカッティングマットとして利用することができるため、カッターでの作業が多い事務仕事などで重用されています。
業務で頻繁にカッターを利用するならば必要なカッティングマットですが、家でたまにカッターを使うときにはちょっと使いたいけれど、そのためだけにわざわざカッティングマットを用意するのはなんだか不経済な気もします。
その場合は多くの人が経験があるのではないかと思いますが、ダンボールや厚紙、新聞を束ねたものなどがよくその代用に当てられます。

カッティングマット 百円

必要なときにとりあえず机を傷つけずに下敷きになるものがあればいいという観念から、髪を束ねた状態のものが過程ではカッティングマットになりやすいのですが、最近は百円ショップでも小さめのカッティングマットを販売しているので、あまりかさばらない大きさなら便利だと人気を呼んでいます。
百円ショップで売っているカッティングマットは長さが30センチほど、幅が10センチ程度とあまり大きくはないため、オフィスで使うのにはあまり便利な大きさではありませんが、家庭でたまに使いたいときには大変重宝します。
また、カッティングマットはカッターを利用するときばかりでなく、糊を使用する際の糊台や、判子を押印する際の下敷きとしてもきれいに押すことができるので大変便利です。

カッティング マット 大判

業務用のカッティングマットは、文房具店や通販などを行っているオフィス用品店などで扱っています。
大きさもB5サイズくらいからA1サイズなど様々なサイズが展開されているので、机などのサイズによって選ぶことができます。
また、カッティングマットを使用して紙などを切り出す際には、金属製のものさしが便利です。
多少重い定規なのですが、その自重でしっかり切り出す紙を押さえ込んでくれるほか、オレフィンなどでできているカッティングマットにしっかりフィットして定規がヅレにくくなるためきれいに切り出すことができるのです。
金属製の定規なども、カッティングマットと同様に文房具店や通販のオフィス用品店などで扱っているので、カッティングマットとセットでの購入がお勧めです。

スポンサードリンク

カッティングマットを百円ショップで

こんにちは。

コクヨやウチダで販売されているカッティングマットとはどんなものか?調べてみたところ、カッティングマットにはB5から大判のA1サイズまであるそうです。また、最近では百円ショップにも置いてありますので便利ですね。