房総半島旅行

スポンサードリンク

房総旅行がこの夏おすすめです。
房総半島は、関東の南東部、太平洋に面した半島で千葉県の大部分を占めています。
東部は白い浜がまぶしい九十九里浜が延び、海水浴場とその周辺は幼い子供からお年寄りまで安心して遊べるところです。

房総一周 鉄道旅行記

房総一周鉄道旅行記の例をみてみましょう。
房総半島の南は、菜の花で有名な観光地帯で南房総国定公園に指定されています。
安房小濱の「鯛の浦」では、群れをなして泳ぐ真鯛を観賞できる観光船が出て、日本三大朝市の一つである「勝浦の朝市」には獲れたての魚や野菜がずらりと並びます。
房総旅行スポットでは、日蓮聖人の生家跡にある1276年建立の「誕生寺」、参道にはみやげもの店が並び、鯛せんべいや、春の到来を告げるひじき狩りも人気です。
日蓮聖人が出家した「清澄寺」の敷地内には国の指定天然記念物の千年杉や、1200年前の井戸が残っています。
清澄寺は日本で一番早く初日の出を拝める寺であり、境内の旭が森からは水平線から昇る朝日を見ることができます。
松が生い茂る「鴨川松島」は、青い海に浮かぶ大小の島々で宮城県松島に勝るとも劣らない鴨川一の景観、鴨川漁港に近く磯釣りの名所としても有名です。
「大福寺崖ノ観音」は、養老元年(717年)行基により、漁民の安全と豊漁を祈願するために開かれた朱色の観音堂で、県内で最も古い十一面観音の磨崖仏も見ものです。
また「養老渓谷」は、県内有数の温泉地でもあり、養老川では、四季折々の渓谷の景観が美しく、特に紅葉はすばらしく、房総一の滝「粟又の滝」をはじめ見るところが多いです。
海水浴場「鴨川シーワールド」では、約800種類、11000点の海に生物に出会え、シャチやイルカ、アシカのショーやふれあい体験ができます。

南房総 日帰り バス旅

よくある人気の南房総日帰りバス旅の楽しみとして、房総旅行のおみやげやグルメがあります。
例えば、名産のびわで作ったさっぱりと甘い「房総のびわソフトクリーム」、お祝いのときなどに供される「房総の花の太巻き」、
「房総のなめろう・さんが焼き なめろう」は、皿までなめてしまうほど美味しいから「なめろう」と呼ばれるようになったそうで、
アジなどの生魚を味噌と共に細かくたたいたものを両面焼いたものでアワビの殻などに入れてあります。
ぜひ、その場で味わい、またおみやげとしても喜ばれるかと思います。

南房総 旅行

房総旅行東京湾側南房のドライブコースでは、館山から白浜、千倉、鴨川一帯は海の動物や花々がいっぱいのテーマパークが見どころです。
海を眺めながら一休みできるカフェもあります。
全国でも有数のサーフタウン一宮には、一宮海岸があり、サーフィン講座を開催しているショップもあります。
房総旅行は、この夏最高の思い出を提供してくれるものと言えましょう。

スポンサードリンク

房総半島を鉄道で一周して旅行記にしてみては

はじめに。

房総半島旅行は東京から近いので人気があります。特に人気があるのは南房総の日帰りバス旅ではないでしょうか?また、房総半島一蹴を鉄道で旅行記なんていうのもいいですね。