会社設立の案内状の印刷

スポンサードリンク

案内状の印刷を外注することは、会社の場合であれば、展示会や新規開店、新装オープンあるいは廃業のお知らせで利用する機会も多いです。

法事の案内状の印刷

個人でも案内状の印刷と言うより挨拶状の形で、法事や法要などの冠婚葬祭や転居の案内などさまざまなイベントの際に利用される事が多いと思います。
パソコンが普及した現在、20,30枚の印刷であればまだしも、何百枚の枚数になると、パソコンは兎も角プリンターが持ちませんし、
持ったとしてもコストを考えると割高になります。

案内状の印刷

案内状の印刷の場合などは、枚数が多くなればなるほど、専門業者に依頼したほうがお得と言えます。
そればかりか、案内状の印刷の仕上がりも専門業者に依頼したほうが、仕上りが良いですし、デザインなども手持ちの写真やグラフィックを使ったものも出来ますし、
インターネットでメールのやり取りで済んでしまうのでお手軽です。
案内状の印刷を外注する場合の目安としては、1000枚以上の印刷枚数が目安で、2000枚以上になるとコストは約半分になります。
ご自分でパソコンを使って案内状を印刷する場合は、内容によりますが、一枚20円ぐらいが目安になりますが、
印刷ミスやロスを考えるともう少しかかります。100枚単位の案内状印刷ぐらいであれば、なれた人で高機能なプリンターがあれば、
無理のないレベルですが、自作の案内状の場合は、文面の段組やデザイン作成も含まれ、多く印刷したからと言って安くはなりません。
ただ案内状の印刷枚数が1000枚単位と言うと、個人のレベルではなく、企業や営業所レベルの枚数です。

ハガキで案内状 無料印刷

ただ個人でもたとえば、ハガキを使って、フルカラーの写真レベルの印刷精度の案内状を印刷する場合は、事情が変わってきます。
いくら最近プリンターがよくなったからと言って、フルカラーの縁なし印刷で、はがきを印刷した場合、
一枚あたりの印刷時間は短くなったとは言え、1枚あたりのコストは片面20円から25円ぐらいで、
専門業者で依頼した場合100枚で両面フルカラーで6000円弱ですから大差ないコストに納まり、500枚でも6500円ぐらいになってしまうので、
仕上がりを考えると、どちらにするか悩む事はないでしょう。
問題は案内状の印刷に要する手間と時間ですが、パソコンで印刷をすることになれている人の場合、民生用のジェットプリンターで大量の枚数を印刷する事の大変さは分かるはずですが、
仮にフルカラーのレザープリンターの場合は、印刷コストが同じでも、トナーカートリッジ一本の価格で、
軽く案内状の印刷代を越えてしまいます。

スポンサードリンク

法要、個展、同窓会などの案内状の印刷は

はじめまして。

案内状の印刷にはどのようなものがあるのでしょうか?例えば法事や法要などの案内状ですとか、会社設立や個展の案内状ですとか、同窓会などの案内状をハガキなどに印刷したりしますよね。それらをご紹介していきます。